マンガ先進国に生きる(仮)

日本のマンガってよくできてます。

天狗のように舞う!「ハーン」(モーニングNo.20)

表紙は、瀬下猛「ハーン-草と鉄と羊-」。
f:id:passionhack:20180419081522j:image

今週は「GIANT KILLING」「宇宙兄弟」「VS.アゲイン」が休載の寂しい週。

瀬下猛「ハーン」

源義経がモンゴルに渡り、チンギス・ハーンになったという伝承をコミック化した本作。

登場人物の知名度や当時の勢力図など、読者側に前提知識がないなかで健闘。

今月23日発売の単行本を買って応援するぞ!

三田紀房ドラゴン桜2」

一日で東大専科からリタイアした早瀬の話。

自分が幸運であることに気がつかない

こういうヤツは結局不幸な人生を送ることになるんだよ

お、重い。

東元俊哉「テセウスの船」

佐野の告白が続く。

6月24日になにがあったのか…。

東野柚子「素直なカラダ」

今回の患者?

高野エミ…料理教室の先生。ギックリ腰。

ゆき…高野のアシスタント。

若い頃はできていた「その場しのぎ」も年を重ねるごとに困難になります

つくづくそう思う。

スケジュール終盤の追い込みはやめたい。

 

来週は、個人的主要作品が復活してほしい…。

 

 

梁山戦、終わる。「DAYS」(マガジンNo.20) #川栄李奈

表紙は川栄李奈さん。
f:id:passionhack:20180418203536j:image

英貴「男子高校生を養いたいお姉さんの話」

連載第2回。男子高校生に萌えるお姉さんの話。

やっぱりお姉さんは謎のまま。名前すら不明(笑)。

日笠希望「キスアンドクライ

記憶喪失フィギュアスケートもの。

フィギュアスケート連盟の強化選手を外された、主人公橘。

春日にクラブを紹介されるが…。

カリス…振付師。イケメン。

藤堂一…コーチ。かつて日本の絶対的エースと呼ばれた天才。

安田剛士「DAYS」

優勝候補、梁山が敗北。

加藤、碇屋ら、強者がグラウンドを去っていく…。

よしづきくみち「8畳カーニバル」

Youtubeで踊ってみた!動画を投稿する主人公たち。

どんな動画を撮るべきか、考えに考えて…。

 

梁山の加藤が去る姿が泣ける!

 

榮太樓總本鋪の金鍔が美味そう!「くーねるまるたぬーぼ」(ビッグコミックスピリッツNo.20) #白石麻衣

表紙は乃木坂46白石麻衣さん。
f:id:passionhack:20180416200107j:image

高瀬志帆「二月の勝者」

春期講習の費用に反対する父親に対して、常日頃からがまんしてきた母親がついに…。

受験塾を「課金ゲーム」にたとえるとは絶妙!

小林有吾アオアシ

途中出場の天才栗林のプレイに驚愕する葦人だが…。

原作和田竜/漫画吉田史朗「村上海賊の娘

すっかり姿を見せない、主人公…。
f:id:passionhack:20180416224548j:image

月刊モトーラ世理奈

自然体の表情いっぱいのグラビア。

撮影は、二階堂ふみさん。

モトローラと思ってしまうのは、おじさんだからか…。

高尾じんぐくーねるまるたぬーぼ」

のんびり都会生活。

日本橋三越にある「榮太樓總本鋪」が登場。

丸い金鍔(きんつば)が美味そう!

刀の鍔をかたどったから、丸いとは!

中原裕「WILD PITCH」

ついに、城戸拓馬がノーヒットノーラン

さて。これからどんな活躍をするだろうか。

ホイチョイ・プロダクションズ気まぐれコンセプト

某社にクレーム電話をかけてくるのは、65歳以上の男性が多い。

彼らを一堂にまとめたのが「国会議事堂」という強烈な皮肉(笑)。

ムッタがこんな顔をするようになるとは…『宇宙兄弟』(モーニングNo.19)

表紙は『宇宙兄弟』の主人公、ムッタこと南波六太。
f:id:passionhack:20180413213414j:image

信念持って、月に残る。

そう信念がある人は違う。

小山宙哉宇宙兄弟

ムッタは、フィリップと二人で 月面に残る。

地球への帰還の成功を祈りつつ、月面の天文台を作る。

自分たちにできることをする、だよなあ。

三田紀房ドラゴン桜2」

突然センター試験を受ける2人。

それぞれの混乱ぶりから性格がよく分かる。

名前の通り、判断が早い、早瀬さん。

ツジトモGIANT KILLING

厳しいパフォーマンスのなか、天才花森はパフォーマンスを発揮できるのか?

瀬下猛「ハーン」

源義経がモンドルに流れ着いたという伝承をもとに進むストーリー。

圧倒的に不利な状況で、どんな手を打つのか。

追手の弓の名手、ジルグアダイがいい!

14〜16ページは手に汗握る!

東元俊哉「テセウスの船」

主人公・田村心と父・佐野文吾の面会。

父は大量殺人とどう関係があるのか?告白は続く。

東野柚子「素直なカラダ」

新連載2回目。

今回施術を受けるのは、タウン情報誌の副編集長、籠目虎太郎(かごめ こたろう)。

籠目の身体の状態を、鍼灸師曲直瀬はどう診るのか?

中馬孝博「VS.アゲイン」

廃部の危機をチームのメンバーに知られてしまった。

バレーボールと仕事に走り回る、主人公挟土。

予告

瀬下猛「ハーン」のモンゴル相撲のビジュアルとは!(笑)
f:id:passionhack:20180414200506j:image

ホエルン一族のもとにタイチウトが迫る。

義経は恩人たちを救えるか。

そして、待望の単行本1巻が4月23日発売!

 

新連載『男子高校生を養いたいお姉さんの話』 #けやき坂 (マガジンNo.19)

表紙は「けやき坂46
f:id:passionhack:20180413190134j:image

日笠希望「キスアンドクライ

記憶を失った主人公、橘龍希はフィギュアスケートの天才と呼ばれていた。

橘龍希…記憶を失ったフィギュアスケートの天才。

春日喜一…32歳。元選手。現在は審判。

京橋賢…フィギュアスケート連盟の会長。保守派。娘の美里を溺愛する。

京橋美里…会長の娘。バイオリン奏者。父親に反発。

カリス…?

橘がどう天才ぶりを示すか!

森川ジョージ「はじめの一歩」

一歩がセコンドデビュー。

引っ張るなあ…。

英貴「男子高校生を養いたいお姉さんの話」

twitterでバズったらしい。
f:id:passionhack:20180413194424j:image

空本実(そらもとみのる)…主人公。親は借金を残して蒸発。お姉さん(名前不明)に救われる。

おねえさん…名前も不明。主人公を励みに稼いでいるらしい。

安田剛士「 DAYS」

ついに梁山戦に勝利。

届いた思い、報われた気持ち。

この日、少年の世界は確かに変わった。

本当によく戦った!

よしづきくみち「8畳カーニバル」

無茶な勝負に挑み、相手とのレベル差に愕然とする主人公。

そして彼を導いてきた端野さんは脅迫され続けている。

 

二人にしかできない踊りを見せられるのか。

鳥栖哲雄or恭一。生き残るのはどっち? #桃月なしこ 「マイホームヒーロー」(ヤングマガジンNo.19)

表紙は現役ナースだという、桃月なしこさん。現役ナース×コスプレ×グラビアアイドルとマルチに活躍!
f:id:passionhack:20180410211720j:image

原作山川直輝/漫画朝基まさし「マイホームヒーロー」

延人を殺した主人公、鳥栖哲雄が、容疑を追跡者の恭一にかけ直す。

組織内の信頼関係のなさをつく。

ハロルド作石「7人のシェイクスピア

売上で勝負する劇場戦争。

ついに「マクベス」が誕生する!

宮下英樹センゴク権兵衛」

秀吉の九州・島津征伐の終盤。

果たして、仙石秀久はどうなる?

 

 マクベスがどう描かれるか、楽しみ!

兄晴景を想う景虎…「雪花の虎」 #華村あすか (ビッグコミックスピリッツNo.19)

表紙は華村あすかさん(19歳)。
f:id:passionhack:20180409233818j:image

小林有吾アオアシ

天才プレイヤー、栗林晴久が交代出場。

主人公、葦人は何かをつかめるか。

高瀬志帆「二月の勝者」

 中学受験において父親と母親の意見が一致しないままでどうなるか。

武田夫妻は共働き。夫は家ではスマホのゲームに没頭、母は対立を避けている。春期講習の費用を出し渋る父親。

切り込むのが、ベテラン講師、桂。

基礎力を高めるために、春期講習をすすめるが…。

東村アキコ雪花の虎

関東管領上杉憲政が逃げ込んだ越後。

病弱な兄・長尾晴景を看病する虎・長尾景虎は、兄が自分を守ってくれていたことに気づく。

144ページの1コマ目の表情が絶妙。

柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」

生活困窮を描く良作。

現在は、子どもの貧困を取り上げている。
f:id:passionhack:20180410130434j:image

「二月の勝者」で描かれる、中学受験に挑む家庭とのギャップが衝撃的。

背川昇「キャッチャー・イン・ザ・ライム」

いまさらながらこの漫画に気づいた。

登場人物のひとり、春月空木(はるつきうづぎ)はトランスジェンダーで、戸籍は男性。

外見は背の高い女子高生。

自分が必死にもがいて生きる姿が、

誰かの道標のひとつになってるとしたら…

無意味な人生なんて、

ないと思わない…?

単行本、読みたくなった。

中原裕「ワイルドピッチ」

八回表ツーアウトまでノーヒットノーランを続ける、投手城戸拓馬。

北山監督がタイムをとり、バッテリーに声をかける。

緊張の試合終盤。 

323ページのコマがいい。

 

参考

「“グラビア界異例の新人“華村あすか、水着撮影は「振り切るしかなかった」学校中退で芸能界入りを決めた覚悟 注目のシンデレラガールに迫る<インタビュー>」

最近、巻頭グラビアをもとにしたWebの記事が当たり前になっている。この記事はどれくらい雑誌の売上に寄与しているのだろうか。