読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ先進国に生きる(仮)

日本のマンガってよくできてます。

原作クロマツテツロウ漫画次恒一「ヤキュガミ」が硬派な野球漫画(ヤングマガジンNo.50)

ヤングマガジンといえば青年誌。

しかし、連載漫画中、スポーツネタが多い。今週号は22本のうち、野球2本、格闘技1本、水球1本(設定だけか…)。

 

しかも野球漫画の質が高い。

 原作クロマツテツロウ漫画次恒一「ヤキュガミ」
f:id:passionhack:20161116224442j:image

登場人物に野球の神様、略してヤキュガミが登場するコミカルなストーリーかと思いきや、極めて硬派。

都大会を勝ち抜く厳しさは、高校野球漫画の名作「砂の栄冠」を思い出させる。

ヤキュガミの一言「走塁こそがセンスの極みだ」がいい。

 

もうひとつの野球漫画は同じ高校野球

だが、一味違う、女子高校生野球。

しげの秀一「セーラーエース」

登場するキャラクターたちは女子高生だが、ストーリーや描写は極めて硬派。

体調の悪いエース、桜木繭をチームがサポートする。逆転なるか?

 

そのほかの連載で熱いのは、

宮下英樹センゴク権兵衛」

仙石秀久をここまで掘り下げるとは。ついに讃岐十万石の主となる。

 

ボウイチ「ORIGIN(オリジン)」

主人公の田中仁は人間社会に隠れ住むロボットという設定。ロボットの仕組みが精緻。

 

三田紀房アルキメデスの大戦」

数学の天才 櫂直(かいただし)の活躍で第二次世界大戦の行く末は…。

 

そのほか、グラビアが充実しているのが青年誌らしい。